審美歯科について

*

審美歯科について

従来の歯科治療は むし歯を治したり、入れ歯を作ったり といった物理的・肉体的な苦痛を取り除いたり、『咬む』という身体的機能を回復させたりすることに終始していました。

現在では その歯科本来の目的に加えて『歯の色が気になる』『歯や歯茎に劣等感があり口元が気になる』『きれいな歯並びにしたい』等々といった精神的苦痛を取り除いて、美しい口元を実現するために、歯や歯茎の色や形、歯並びを整える治療が求められます。
そういった治療分野を審美歯科といいます。

審美歯科その内容は多種多様な方法がありますが、これらの審美歯科治療は 繊細な美的感覚やもって生まれたセンスに加え高度なテクニックを必要としますので、どこのクリニックでも出来るものではないようです。

また いくら歯や口元を美しくする審美歯科とはいえ、基本的な歯科治療の知識と技術の上に成り立つものです。総合的な判断と正しい治療計画のもと、それにセンスとテクニックが加わってはじめて審美歯科治療だといえます。

実際、長年口元、歯にコンプレックスを抱えていた患者さんが治療終了後は、みちがえるように明るくなり、それまで縁の無かった『恋愛』、『結婚』へと半年も経たずにたどりついた例や、長年、夢だった会社や職業につけたといった例が沢山あります。

それほど 口元の自信は、その人を明るく、美しく、好印象に感じさせるものなのでしょう。

審美歯科について関連ページ

審美歯科を受診するにあたって
『綺麗になりたいけど 歯を削るのや、抜くのは嫌だ』と考えるのが一般的かもしれませんが自分の希望を実現するためには、なんらかの犠牲が必要になることもあります。
クリニックの選び方
審美治療といっても ただ単に高価な材料のさし歯を入れればいいのではありません。審美治療の前処置としての基本的な歯科治療がきちんと行われていなければならないのです。