二番目の前歯が内側に入ってる

*
白い歯・美しい歯のための審美歯科辞典 > 歯並び > 二番目の前歯が内側に入ってる

二番目の前歯が内側に入ってる

二番目の前歯が内側に入ってる

上の二番目の歯(側切歯)が内側にあって、下の歯とロックしていることもしばしばあります。
重度の場合は抜歯が必要なこともありますが、歯茎の整形も含めた審美治療でかなり改善出来ます。ロックしている状況では、下の歯の治療も必要となることもあります。


歯のサイズが大きい(小さい)

特定の歯のサイズが大きくてバランスがとれてないケース、とくに上の真ん中の2本(中切歯)が大きいと目立って審美性を損ないます。 このようなケースでは歯冠修復法でサイズを小さくして全体のバランスを整えることができます。

また 「歯のサイズが小さいケース」これは矮小歯といって、上の2番目の歯に発現しやすく、ほとんどの場合ラミネートベニア法で解消できますし、少しだけ削ることでの歯冠修復も可能です。

二番目の前歯が内側に入ってる関連ページ

歯並びについて
歯並びが悪いと見かけが悪いだけでなく、咀嚼効率も低下して全身の健康にも悪影響を与え 清掃もしにくくなり歯周病の進行も早めるなど そのデメリットは数え切れません。 歯並びを整える方法として矯正装置を装着して行う歯列矯正があ […]
乱ぐい歯
多くの場合、歯のサイズに比べ顎の骨が小さいことが原因です。 歯が前後にたがいちがいに萌えていたり、本来の位置からずれていたりします。 こういうケースは歯茎の位置やかたちも良くないことが多いので、その場合には歯茎の形態修正 […]
やえ歯
犬歯がその萌出場所が狭いことで、外側に出て高い位置(下では低い位置)にある状態です。 周囲の歯を含めて歯冠修復法で全体的なバランスを整えます。 重度なケースでは抜歯することもありますが、犬歯は前歯のなかで最も大きくてしっ […]
出っ歯
いわゆる『出っ歯』には、上下の歯の相対的位置関係で上の歯がでている状況、上下とも前に出ている状況と、いくつかのパターンがありますが、数本の歯について、歯冠修復法で対応することが多いようです。 歯の方向を土台から変えること […]
受け口
下の歯が、上の歯より前方に出ているケースです。 上下の歯列や顎の相対的な関係による場合と、上(下)の歯列や顎が、正常なサイズよりも小さい(大きい)絶対的なサイズの問題である場合とがあります。 サイズが極端に大きい(小さい […]
芸能人みたいな歯並びにしたい
『歌手の~みたいな白い歯にしたい』 『タレントの~みたいに歯並びを綺麗にしたい』などの希望、願望を抱いて審美歯科を訪れる人が増えているようです。 歌手やタレントの芸能界の人たちも、その大半が歯を白くしたり、歯並びを整えた […]

トラックバックURL

http://www.pt8.biz/%e5%89%8d%e6%ad%af/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です