補綴物・充填物のリメイク

*

補綴物・充填物のリメイク

むし歯治療で『うめたり』『かぶせたり』した材料が変色したり、金属の材料が気になったりすることがあります。
それらを解消するのも審美歯科、ホワイトニングのひとつの分野です。

小臼歯や大臼歯でも、いわゆる『銀歯』で埋めたり被せたりしてあると、会話したり笑ったりした時、かなり目立つものです。

インレーといわれる、歯を一部削って型採りして模型上で製作したものを接着セメントで着ける治療法は、保険診療ではふつう、金属の材料を使うことが多く、その金属が審美性を損ねて笑顔を台無しにすることもあります。
『かぶせもの』についても同様です。

これらの金属を歯と同じような白い材料でリメイクします。材料としてはポーセレン、ハイブリッドセラミック、硬質レジンなどがあります。

銀歯
硬質レジンは一部保険導入されてますが、審美性の観点からはその強度、耐久性、気密性などの面同様充分な材料とはいえません。

また、金属でなくとも合成樹脂などの材料で埋めたり被せたりしたものが黄ばんだり、黒ずんだりして口元の清潔感を損ねる場合もあります。
充填治療のやり直しや、別の治療法での対応が必要なこともあります。