マグネットデンチャー

*

マグネットデンチャー

アタッチメントとして、磁石を利用したものです。
従来のアタッチメントに比べ、支台となる歯への負担などの面では最も優れていると言えるかもしれません。

磁性金属(キーパーといいます)を歯根に埋め込み、磁石を義歯側に装着して、義歯の維持・安定を計るものです。
コーヌスデンチャーに比して支台歯が過剰な側方圧を受けることもなく、最近ではかなり磁性の強いものも作られていて、応用範囲も広くなっています。比較的多数歯の欠損に(2~3歯、歯根だけでも残っていれば総義歯にも)応用できます。
いまやアタッチメント義歯の代表といえるかもしれません。次にあげるノンクラスプデンチャーとともに、審美義歯の双璧といえるかもしれません。

ときどき見かける良くない例として キーパーを埋め込む支台をコーヌス状に高くしてあるものがありますが、磁性アタッチメントの優れた特性である’過剰な側方圧の軽減’効果を損なうことがあるので、設計には充分な配慮が必要になります。

なお、この磁性アタッチメントの義歯を装着している患者さんが気をつけないといけないのは MRIでの検査の際には必ず義歯をはずしておくことです。
正しい検査結果が出ないと同時にアタッチメントの磁性も損なわれることになります。

マグネットデンチャー関連ページ

審美義歯について
歯の欠損数が多くて、義歯による咬合の回復・審美性の回復が必要なケースもあります。 その際、入れ歯と気付かれない義歯、つまり審美性を備えた義歯は、さまざまな義歯が現れては廃れてきました。 これらの特殊義歯はその大部分のもの […]
コーヌスデンチャー
コーヌス(コーン、円錐形の意)の形態的特徴と貴金属の物性的特徴を利用した装置。 紙コップを二つ重ね合わせた状況を思い浮かべてみて下さい。貴金属で作ったコーヌスクローネ(円錐状の冠)を支台となる歯に被せ、もう一方の冠を義歯 […]
特殊樹脂による義歯
 いわゆるノンクラスプデンチャーといわれるもので、日本では、認可の問題もあり技工については海外への発注というかたちをとっているようですが、アメリカでは50年以上前に商品化されているようです。 義歯に金具等を一切使わず弾性 […]